So-net無料ブログ作成
検索選択

夢をかなえるゾウ [本]

ベストセラーにもなったこの本、今夜いよいよドラマ化されてTVで放送されます。


 


読んだ人も多いと思うけど 読んでない人も見る価値ありかも!


 


どんなふうにドラマ化されたかは見てみないとわからないけど


 


本を読んだ限りでは自己啓発本を面白おかしくしたような 前向きに生きるお手本?みたいでお勧めです。


 


 


物事の捉え方感じ方は人それぞれ。。。


 


日々の出来事をどんなふうに捉えるかで幸せに感じることもできるし不幸に感じることにもなる。


 


幸せの青い鳥・・・ってよく言われるけど本当は青い鳥なんていないんです。


 


鳥の羽根に青い色素はないそうです。


 


青く見えるのは光が反射、屈折して人の目に青い色として映っているだけなんだそう。。。


 


メーテルリンクの青い鳥は結局探し求めていた青い鳥は家で飼っていたキジバトだった。。。


 


すぐ手の届くところにあるんだ・・・というお話だったけど


 


もしかするともう一つ 幸せは見ようとしなければ目には見えないものという意味もあったのか


 


なんて思ったりもするのです。


 


 


最近 幸せを感じることが少ないな~ 物事を前向きに捉えられなくなったな~


 


と ちょっとネガティブになりがちな人は「夢をかなえるゾウ」見てみる?読んでみる?のもいいかも!!


 


 


あ、こちら「夢をかなえるゾウ」のまわしものではありません!!


 


 








nice!(0)  コメント(10) 

9月のポピィー  [本]

それは・・・


 


できれば初恋の人と


 


運命的な出会いをして


 


小さなおうち 赤いおやね


 


庭の柵はペンキでぬって


 


窓にはいつもお花 をかざり


 


部屋の中は暖かで


 


ずっとずっと愛しあい


 


子供ができても孫ができても


 


心はいつも少女のようで・・・


 


 


これは私がいくつの頃だったか・・・(とぉ~~~~~ぃ目)


 


 


少女マンガの付録についていた別冊マンガ(ややこしぃ!)の


 


一条ゆかりさんの9月のポピィーという作品の中で


 


主人公のポピィーが書いた詩なんです。


 


「9月のポピィー」は初恋の人に再会して結ばれる・・という内容だったけど


 


この詩はお話の初めのころに出てきます。


 


この詩を読んだ初恋の彼はオトメチックなこの詩をバカにして大笑いするのですが・・・


(この時はポピィーもまだ恋だとは気付いていなかった。。。)


 


その後 いろんな運命のいたずらで離ればなれになって


 


何年か後に巡り合う・・・


 


そう、それはまさに


 


初恋の人と運命的な出会いをして


 


 


お話は再会したところで終わるのですが


 


きっとあの詩のように 暖かで愛にあふれた家庭を築くんだろうな。。。


 


続編を妄想しては その頃恋に恋していた私は涙涙で何度も読み返したのでした


 


 


この本、きっと実家のどこかにあるんだろうな。


 


本の行方は定かではないけど


 


この詩だけは私の心の中にずっと刻み込まれているのでした。


 


 


 


昨日ちょびんさんのブログで忘れられないマンガ本のことが書いてあったから


私も「9月のポピィー」のこと思い出して書いてみました~


nice!(0)  コメント(8) 

BRUTUS 犬特集  [本]

昨日パパが「本屋で見た本にハスキーとコリーのミックスが載っていたよ。」


 


と言うのです。


 


「えっ!?それって富士丸っていう名前の犬じゃなかった?」


 


「わからん。でも犬特集で面白そうだったよ。」


 


「何で買ってきてくれないかなー (どこまでも気の利かないヤローでいっ)  何ていう本?」


 


 


・・・と何故そのハスキーとコリーのミックス犬が気になったかというと


 


先日ちょびんさんが紹介していたブログがハスキーとコリーのミックス犬 


 


富士丸くんのブログだったのです。


 


もしかしたら同じワンかも!


 


 


今日、早速本屋へ行って確認してきました。


 


 


やっぱりそのミックス犬は富士丸くんでしたー


 


 


昨日発売の BRUTUS です。


 


犬特集だからワン好きにはたまらない1冊になること請け合いです!!


 


ちょっぴりだけど あの白戸家のお父さんのCMプランや「犬と私の10の約束」の


 


原作・脚本を手がけた澤本嘉光さんの語る「犬観」が興味深く面白いですよ。


 


 


ワン好きさんにお勧めの雑誌で~す。


 


BRUTUS・・・おまえもか・・・ 違っ


 


 






nice!(0)  コメント(13) 

ターシャ・テューダ [本]

みなさんは ターシャ・テューダ を知っていますか?


 


アメリカの人気絵本作家です。


 


今ではあのすばらしい庭でガーデニングファンの人からも知られるようになってきましたね。


 


今年で92歳になる今でもアメリカ、バーモント州の田舎でタイムスリップしたような木造の家に


コーギー犬とあふれるような花々に囲まれて暮らしています。


その庭の広さときたら30万坪というから 想像つきませーん


 


その広大な庭に花や樹木を植え 自給自足の生活をしているのです。


この便利なものがあふれる世の中で ミツバチを飼って蜜蠟からロウソクを作るほどです


もうこうなると 庭になった果実でジャムを作るなんて朝飯前のことですね


 


そんな彼女の生き方に憧れはするものの とても真似はできないと尻尾を巻いてしまいます。


 


以前、本屋で見つけた 「ターシャ・テューダのクックブック」


 


立ち読みでパラパラめくってみるだけのつもりが・・・


 


その挿絵の可愛さにクギ付けになってしまい ほすぃい


 


クックブックだから 料理レシピ本なんだけど


とても私には役に立ちそうもないカンジ・・・


役に立たないレシピ本にしては お値段が高いのよ~


運悪く金欠病のため 1冊しかない役に立たないレシピ本をあきらめるはめになりました。


 


それから 本屋に行くたびにその本を探してみたけど


いつ行ってもないし、ほかの本屋にも置いてありませんでした。


 


縁があるなら また会えるはず・・・と 縁を信じて探し続けたけど


もう待てなーい


 


パソが使えない たいくつな日々が続いたあの時


ついに注文しちゃいました


 


そして再会したのです


 


多分 役には立たないであろうクックブックに


 


いいじゃん、これは大人の絵本だよ


 


こんなに可愛いんだよ


 





 

彼女が若い頃、まだ子供たちが小さい時代の思い出の料理が紹介されているの

 




 

 




 

挿絵からも 自給自足の生活ぶりがうかがえるでしょ?

 




 

絵本好きの私にはたまらない1冊です~

 




 

動物たちとの暮らしも生き生き描かれているでしょ

 




 

こんな絵本があってもいいでしょ?

レシピ本としては役にはたたないだろうけど・・・( しつこい? )


nice!(0)  コメント(12) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。