So-net無料ブログ作成
四国旅行(2007年) ブログトップ

18・たくさんの四国土産 [四国旅行(2007年)]

お別れの日、ちょびんさんからこんなにたくさんのお土産をいただきました。


 


タルト・最中・五色そうめん・焼酎


 


実家にも分けて美味しく頂きました。


タルトは父の好物、五色そうめんは昔からお取り寄せするほど好きなんです~





讃岐うどん

 

帰宅後、すぐに茹でて食べました。

ネギをたっぷり入れてネ!

 

しこしこの讃岐うどん、おいちぃ!!




四国限定ポンジュースコロン

 

こんなのあるんだね~。

娘たちが友達にも分けてあげて喜ばれましたよ~^^




四国限定ポンジュースキティー

 

可愛い~

娘たちが1こずつ分けることになりましたが 何故かちび姉の部屋に

パッケージのまま飾られていました




スローロリスのハリーの本

 

ハリーくんと握手することができなかったことを残念がったちょびんさんが

この本を買っておいてくれたようです。

ありがとう!!

一番最初にこの本に目を通したのはパパでした~




手作りビーズ

 

またまた ちょびんさんの素晴らしい作品です!




ステッチ&エンジェル

 

これを見た時のちび姉の叫び聞こえたかしら?

「これは両方私の!!」とちび姉がゲット

 




ブレスレット&ブローチ

 

四国旅行に行く前、こんなブレスレットが欲しくて前に売っていたお店に行くと

もう売ってなかったの。。。

帰りの車中でこれを見た時の私の喜び、わかっていただけるかしら・・・

早速、尾道観光に付けて行きました~




ワン達にまでこ~んなお土産がっ!!

 

こんなのあるの?すごーい!!

ワン用讃岐うどん&ワン用ドラ焼き。

 

「ワン用のだよ!」と言って食器棚のラックに置いていたのに

上の娘がどら焼きを1個食べてしまったことは ヒ・ミ・ツ

甘味は少なかったけどフツーに美味しかったとか。。。




 

そしてこれが初日の再会シーンで「夜二人でどうぞ・・・」といただいた

ちくわ・じゃこ天・エビスビール

 

再会の喜びに舞い上がっていた私は

パパがこれを部屋の冷蔵庫に入れるために帰っていたことも

パパの存在すらも忘れていたのでした




このえびちくわ、ちょびんさんの住んでいる所の名産なんだって。

TVで「ピンクのちくわを探せ!」という指令を受けて探す・・・

というのを見たことがありました。

これだったのね~

 

こんなにたくさんのお土産を本当にどうもありがとう

 

 

 

四国旅行記はこれで終了です。

アップが遅いにもかかわらず長いお付き合いありがとうございました

 

 


nice!(0)  コメント(14) 

17・しまなみ海道~尾道 [四国旅行(2007年)]

(8月25日)


 


 


ちょびんさん御夫婦と別れ、私たちはしまなみ海道をひた走ります


 


しまなみ海道は「西瀬戸自動車道」の愛称。


 


私たちは今治北IC~西瀬戸尾道までの約55Kmを走行。











島から島へ渡る海道には7つの橋がかかっています。

 

まずは来島海峡大橋、次に伯方・大島大橋、次に大三島橋

次に多々羅大橋、次に生口橋、次に因島大橋

そして新尾道大橋と渡って来ました。

 

 

尾道は山陽自動車道でいつも通り過ぎるだけだったので

今回は寄り道して千光寺山ロープーウェイに乗って尾道市内を一望してみることに。




これがロープーウェイから見た千光寺。




千光寺山公園から見た尾道市の風景。

あの向こうに四国があるのね。

「おーい!ちょびんさ~ん、聞こえるぅ~?」




売店で「瀬戸内みかんソフト」を売っていたので食べてみることに!

 

パパは飲み物のほうがいいと言ってソフトはパス。

 

携帯で「瀬戸内みかんソフト」の写真を撮ろうと思いパパに

「ちょっと持ってて」

とソフトクリームを渡し携帯を用意していると

なんとパパったらソフトの先っぽをパクッと食べちゃった

 

「あ~ん、何のために持ってもらったんかわからんじゃ~ん!

写真撮ろうと思ったのにぃ。。。

 

しかも いらんのじゃなかったんかいっ!?

もう!シンバと一緒やん!待て!言わんといけんかったんか。。。」

 

ブーブー文句言ってると売店のおばさんに笑われてましたー

ハズカシイ。。。

 

せっかくの瀬戸内みかんソフトがへんてこな形・・・

 

私たちの後に買った一人旅風の男の人が

ツンととがった瀬戸内みかんソフトをかかげて

尾道の風景をバックに写真を撮っているしぃ。。。

 

「あのソフト、ちょっと貸してもらおうか?」 な~んて笑いながら

ヘンテコな形の瀬戸内みかんソフトを撮ったのでした



その後、山陽自動車道に乗るまでの間 

お約束の迷子になってちょっぴり時間ロス

 

我が家には午後7時ころ到着。

 

これまでにないワンたちの大歓迎を受け

なかなか解放してもらえずた~いへん・・・

 

だってこんなに長い時間ワンたちと離れていたのは

初めてだもんね。

 

みんないい子にしていてくれてありがとう。

 

 

本当に楽しい旅行になりました。

また いい旅したいね。

 

こんな楽しい夏休みをくれたみんなに感謝します!!

ありがとう!!


nice!(0)  コメント(8) 

16・別れの来島海峡大橋 [四国旅行(2007年)]

(8月25日)


 


 


ついに最終目的地「来島(くるしま)海峡展望館」へ到着しました。


 


館内で来島海峡大橋の建設工程や仕組みなどが紹介されたものを見学していても


もうここでお別れだ・・・と思うと落ち着かなくて。。。


 


太陽が照りつける公園で景色を眺めたり写真を撮ったり


 


 


この来島海峡大橋は世界初の三連吊り橋で長さは4105mあるそう。





大型船がこの海峡を行き交っていました。







 

・・・・・・・・・・

 

名残はつきないけど そろそろお別れだね。。。

 

元気でね。

 

また会えるよね。会おうよ、絶対に!!

 

 

やはり別れは涙。。。涙。。。

 

 

ありがとう!!

 

お陰様でとても楽しい旅になりました。

 

素晴らしい夏休みをどうもありがとう。

 

ステキな思い出をありがとう。

 

忘れないよ、絶対に!

 

忘れないよ、永遠に。。。

 

 

車は二手に分かれ 私たちはそこから再び

案内なしの不安なドライブが始まったのでした


nice!(0)  コメント(10) 

15・野間馬ハイランド~最後のランチ [四国旅行(2007年)]

8月25日 土曜日 四国旅行4日目


 


 


とうとう四国旅行も最終日となってしまいました。


 


私たちは帰りは今治からしまなみハイウェイを通って尾道に出て


山陽自動車道に乗って帰る予定です。


 


ちょびんさんはまだしまなみ海道に行ったことがないということで


来島海峡まで同行してくれることになりました


 


最終日の朝もちょびんさん御夫婦がホテルまで迎えに来てくれました。


な、なんと・・・た~くさんのお土産を用意して!!


こんなにいっぱい?と驚くほどのお土産に手作りのビーズ作品まで!!


後ほどお土産や見事なビーズ作品をアップしますのでお楽しみに~^^


 


 


このホテルの立体駐車場のおじさんとも今日でお別れです。


荷物が一度に運びきれずに何度も車を降ろしてもらったり


下ろし忘れた荷物を取りに行ったり・・・


そのたびにいやな顔一つせず車をパズルのように回して降ろしてくれて


本当に助かりました。


 


「今日、山口に帰ります。どうもお世話になりました」


「やぁ!どうも!どうぞお気を付けて」


「お元気で~」


 


車の窓を開けて深々と挨拶しておじさんともお別れ。。。


 


 


この日はちょびんさんの提案でまず「野間馬(のまうま)ハイランド」


というところに行くことにしました。


旅雑誌にも載っていて気になる場所だったのでラッキ~


 


「野間馬」とは日本最小の在来馬


体高、体長ともに約110cmという可愛さです。


 


一時は絶滅の危機に瀕していたそうですが


現在80頭あまりの野間馬をここで飼育しているそうです。


 


近くの乃木小学校の子供たちも飼育に協力したり


乗馬の練習をしたりしているようで この日も子供たちが馬のお世話や


乗馬練習をしている様子が見られました。


子供のころから馬のお世話や乗馬体験ができるなんて


羨ましい環境ですね。


 






ここにはほかにもヤギやウサギ、モルモットなどの小動物もいました。

 

動物大好きなちょびんさん、

野間馬やヤギと触れ合って嬉しそう~







野間馬ハイランドの次はちょびんさんがネットで探してくれたお店に行って

最後のランチ。。。

 

ちょびんさんの旦那様は「エビフライセット」


 



ちょびんさんは「冷麺セット」




パパは「煮込みハンバーグセット」

 




私は「なすとトマトのパストセット」




セットには飲み物とデザートが付いてま~す




ここはちょびんさんも初めてのところだったらしいけど

当たりだったね

とても美味しくてボリュームもたっぷり!!

 

近ければリピーターになるお店でしたー。

 

 

満腹になった4人は来島海峡展望台へ車を走らせました

 

 

あぁ・・・ついに別れの時が・・・


nice!(0)  コメント(6) 

14・山口里の店 [四国旅行(2007年)]

(8月24日)


 


 


「のいち動物公園」を後にした私たちは再び高知自動車道に乗り


ちょびんさんの住む街までひた走り~


 


今度こそあの川之江JCTの立体道路を激写すべくカメラを構えて準備


 


ここは山の中を切り開いて3つの自動車道(松山道・高知道・徳島道)


のJCTになっているからこんなすごい立体道路になったんだろうね。








う~ん、ちょっと写真ではこのJCTを初めて見た時の驚き

うまく伝わらないかもだけど

普段、中国自動車道と山陽自動車道の直線道路を

左右に分かれるだけのJCTを見慣れている私たちにはびっくりでした。

 

でも逆にちょびんさん御夫婦はこのJCTが普通だと思っていたから

これを見て驚いた私たちにびっくり

 

 

今夜のホテルは初日に泊まったホテルと同じ、あのトマオニがあるホテル。

部屋に入って まず私がしたことは長そでTシャツ脱ぎ棄て

 

もぉ~っ 暑かったぜ!!

この我慢大会のおかげでちょっとはダイエットになったかな?

 

 

着替えを済ませてちょびんさんに連絡

 

今晩はちょびんさんお勧めの「山口里の店」にいく予定です。

前にちょびんさんがブログで紹介していたお気に入りのお店です。

 

ちょびんさんのブログに冗談で

「山口から山口の店に行くよ~」なんて言っていたのに

本当に実現するなんて夢のようです。

 

旦那様は今晩飲み会があるとのことで 

ちょびんさん運転の車で「山口里の店」へ。

これが意外と遠くてびっくり!

 

ちょびんさんらしい安全運転ですごく気を使って運転してるのが伝わって

おまけに夜の運転だし疲れたでしょうね~。

ごめんね~ありがとうね~

 

 

「山口里の店」は海のそばにあるので 

明るければ店内からも海が見えるそうだけど

もう真っ暗になっていたので残念ながらお店の外観も撮れずじまい。。。

 

ちょびんさんお勧めのお店だけあって店内の造りもディスプレイも

お店の方もアットホームでとてもいい感じのお店でした。

 

お客さんもいっぱいでほぼ満席状態でした。

 

ちょびんさんとパパは ちょびんさんお勧めの「豆腐餃子定食」を

私は「ちりめんじゃこピラフ」を注文!

 

私、ピラフにはうるさいんだ~笑

 

メニュー見て、創作料理っぽいから「ちりめんじゃこピラフ」が気になって・・・

「おやじ定食」にも心奪われそうだったけどボリュームがありそうなので

ピラフに決定!!

 

ネギ嫌いのちょびんさんは しっかり味噌汁はネギ抜きで注文してました~

 

は~い出来上がりぃ~

 

こちらが「豆腐餃子定食」になりま~す




ぶっ!!ボケボケじゃ~ん

しかも向い側のちょびんさんの前にある方を写したから

写真を回転させるとなんだか味噌汁がこぼれそう。。。

 

でもネギが入ってないのはわかるでしょ?プッ!

 

こちらが「ちりめんじゃこピラフ」になりま~す

 

この「ちりめんじゃこピラフ」 ネギがたっぷり入っているの。

ちょびんさんには絶対食べられない一品だと判明

 

でも美味しかったよ~。

みそ汁もGOOD

お漬物もGOOD

 

これが山口里の味なんだね。

お客さんが多いのわかるよ。

 

ちょびんさんはいつもは旦那様のお皿に入れるはずのところを

私のお皿に入れてくれて豆腐餃子やサラダもいただいちゃいました~

 

餃子といっても衣がコロッケっぽくていくつでもぱくぱく食べられそうな

豆腐餃子でした。

 

食後もずっとおしゃべりしているとなんだか周りがシ~ン。。。

 

あれ?もしかして私たちだけ???

 

慌てて席を立つ私たちでした。。。

 

 

ちょびんさんにホテルまで送ってもらう道中

信号待ちしている時にとんでもねぇフトドキ者を発見!

 

右折待ちで一番前にいた車が見切り発車で対向車が来る前に発車!!

「いやなヤツねー。どこにもあんなことするのがいるんだねー」

と言うと

「あれをこっちでは 伊予の早曲がり って言うのよ」

とちょびんさん。

 

「へぇ~、そんな呼び名までついてるなんてすごいんだね~」

 

などと言っているとホテルに到着。

 

いよいよ明日はお別れだね。。。

途中まで一緒にドライブすることになっているからまたよろしくね~

としんみりお別れをしてちょびんさんを見送った。

 

ちょびんさんの自宅はホテルの右方向にあるから 

そのまますぐ右折するものと思った私は直進して走る車を見て

「あれ?あっちに行っちゃったよ」

 

「車線が違うから向こうでUターンしないと帰れないじゃろ?」

 

「あ~そっか~びっくりした~」

 

「大丈夫?変なこと言ってたら 山口のヘソ曲がり って言われるよ」

 

・・・・・・・・・・・・

 

「あーそうですか! 伊予の早曲がり が気に行ったんやね~

 はぃはぃ おもしろいおもしろい・・・ハハハ~っと・・・」

 

 

Uターンして帰るちょびんさんに手を振って

ホテルに入ろうと歩いていると あれ?パパがいない。。。

 

振り向くと一人爆笑し腹を抱えて笑うおじさんが一人。。。

 

へっ?

どーしたん?

もしかして自分の言った 山口のヘソ曲がり に自分で受けてる???

 

ご、ごめんよぉ・・・

大して笑ってあげることができなくて・・・

自分の中では大ヒットやったんやね

 

よしよし、さぁ、行くよ!!

 

 

明日はいよいよ四国旅行最終日。

ちょびんさんともお別れの時が近づいています。。。

 

 


nice!(0)  コメント(10) 

13・のいち動物公園3 [四国旅行(2007年)]

(8月24日)


 


 


「チンパンジー」 もこんな広々としたところでまった~り。





お顔がかいーの、かいーの




えっとぉ・・・ どこかでお会いしましたっけ?




ここでも 「オオハシ」 に会えて幸せ~

楽しそうな表情してるネ!




これは 「コウラウン」

 

美しい羽色の 「アカハラコノハトリ」 もいたんだけど飛び回っていて

撮影不可能。。。




みんなのびのび生き生きしてるね!




近くに高知龍馬空港があるので飛行機がこんなふうに

模型が飛んでるみたいに見えるの




動物のほかにもここには自然がいっぱい。

 

ツクツクボウシ見~っけ!




アゲハチョウが水を飲みに来たよ!




いろんな場所で咲いていたテッポウユリが青空に映えてステキ!

クモも撮影に参加~^^




 

「のいち動物公園」は 動物たちの自然の姿を可能な限り再現した

 

そんな素晴らしい動物園でした。

 

動物たちへの優しい思いやりや 訪れた人への心配りがいたるところに感じられ

来てよかった~と思える場所でした。

 

みんな、これからも元気でまったりのびのびと幸せに暮らしてね。

 

 

またまた私たちはこの炎天下、閉園時間まで粘って

「のいち動物公園」をたっぷりと堪能したのでした

 

 

さぁ、今夜はちょびんさんと一緒に晩御飯を食べに行く予定だよ!

急いでちょびんさんの住む街まで帰りましょう


nice!(0)  コメント(14) 

12・のいち動物公園2 [四国旅行(2007年)]

(8がつ24日)


 


 


ここはサバンナ。


美しい絵になるキリンたちですね~





サバンナの仲間 「アンテロープ」




巣穴から出入りするミーアキャットの行動も見ることができました。




この子はりりしい見張り役!




「ワオキツネザル」 のこんなまったりした様子も見れました。







「ヤマアラシ」 も可愛いね~




お昼寝中の 「ビーバー」

起こしちゃったかな? 




舵取り用の尻尾!

立派だね~





nice!(0)  コメント(11) 

11・のいち動物公園1 [四国旅行(2007年)]

(8月24日)


 


 


ホェールウォッチング午後の便が欠航となりテンション下がりっぱなしの私に


「のいち動物公園に行ってみようか?」


のパパの提案で一気にテンション急上昇


 


でも方向音痴の私たちには予定外の場所に行くのは至難の業~


 


ちょびんさんにも予定変更になり「のいち動物公園」に行って来ることを連絡


すると驚いたことにちょうどこれから通るぞ~という分かりにくそうな場所の


拡大地図が携帯で送られてきた


 


すっごーい!!なんでわかったの???


 


ありがとうね!ちょびんさん。


お陰様で諦めることなく無事到着できました!


 


 


のいち動物公園の駐車場に向かっていると


目の前の山頂に不思議なお城がっ!


 





異国情緒豊かなお城を眺めながら車を駐車場に入れ

人目がないのを確認して長袖Tシャツを着替えようと思ったんだけど

駐車場のおじさんがじーっと見ててここでも着替えられず・・・

 

いいよっ!

もう今日は一日我慢大会でぃっ!!

 

駐車場のおじさんに山頂のお城のことを聞いたら

かつてあの場所にテーマパークのような遊園地があったらしい。

もうつぶれちゃってるそうだけど。。。

 

園内に入るとまず目についたのが「リスの小道」という

大きなケージで作られたニホンリスの飼育小屋に設けられた散歩道を

人間が入って散歩できるというもの。

 

自宅の庭の中庭に屋根くらいの高さのある大きなケージで

リスや小鳥を放し飼いしたいという夢を子供のころから持っていた私には

夢のような空間です。

 

それを見たとたん、のいち動物公園がすごーく気に行ってしまいました

これから先の見学にも超期待です!!

 

「りすの小路」を散歩できる日は指定された日だけで

この日は入れなくて残念。。。

 

でもかわいいリスの生き生きと動く様子がたっぷり見れて満足~

 




網越しで上手く撮れなかったんだけど可愛いので載せちゃいまーす。







ペンギンのプールは前面がガラス張りになっていて

泳ぐペンギンの様子が見れるよう工夫されていました。




さぁ、次は何に会えるかな?

 

わーい!! 「プレーリードッグ」 だ~!




カメラ目線の 「シロテナガザル」




これは 「ウンピョウ」

 

写真では分かりにくいけど模様が雲のようだから「雲豹」と名付けられたんだって。

この子、動きまわってなかなかいい写真が撮れなくてかなり粘りましたー




こちらは 「オセロット」

カッコいいですね~。




う~ん・・・名前忘れちゃった~

ごめんよぉ~。。。





nice!(0)  コメント(10) 

10・桂浜 [四国旅行(2007年)]

(8月24日)


 


 


午後からのホェールウオッチングが欠航になり


私たちは気落ちしたまま桂浜へと行ってみました。


 


ここへきて初めて波の荒さと風の強さに 欠航したことに納得したのでした。








この波を撮るためにパパは靴とパンツの裾をずぶ濡れにしたのでした~




この波じゃ 諦めもつくけどね。。。




あ~ぁ、土佐湾よ!

今度来た時は優しく迎えておくれ~!

そしてクジラやイルカに会わせてね~~~

 

 

 

実はホェールウオッチングが中止になった場合の予定を

はっきり立てていなかったんだ~。

だって そんな事したら本当に中止になっちゃいそうで。。。

 

「午後からの空いた時間、どぉするぅ?」

と言いながら桂浜で時間をつぶしすぐそばにある水族館へ入ってみました。

 

わ~!ウミガメにエサやり体験ができるんだ~。

早速私もエサを買ってエサをあげました




手まで食べられそうな勢いで食いついて来るんだな~これが!

迫力あるぅ~!!




 

残念ながらイルカやアシカショーは時間が会わず見れませんでした。

 

 

う~ん、しかしどこへ行っても暑いぞよ!!

ところで私はなんで長そでTシャツ着てるんだっけ?

 

裏切り者のパパは一人、駐車場で涼しげな半袖シャツに着替えやがりました

 

 

午前にホェールウオッチングに行った人たちはクジラ見れたのかな?

海は荒れていなかったのかな?

 

気になる、気になるぅ~~~

 

 

もう1回、港を回ってからこれからの行先決めようよ。

朝の様子がどうだったのか話が聞けたら嬉しいじゃん!

わざわざ山口から行こうって言うんじゃない、すぐ目と鼻の先にいるんだから・・・

 

と、しぶるパパを無理やり引き連れて再度港へ。。。

 

 

午前に出た人たち 帰ってくる予定時間より1時間近く早く帰ってきたみたい。

もう他県ナンバーの車もみんな帰ってしまっていました。

 

漁協のおじさんがいたので聞いてみると

やはり沖は荒れていて早めに帰ってきたとのこと。

でもクジラは見れたようなこと言っていたよ。。。

 

そうなんだ~。

見れたんだ!! よかったね!!

 

 

 

後日HPで確認すると・・・

 

24日午前の便は ニタリクジラ 1頭が見れたそう。

 

ニタリクジラといえば「海の貴婦人」とも言われるクジラの中でも

とても美しいクジラと言われているんです。

13~15mの大きさです。

すごーい!!

 

おまけにフィーディングと言って小魚の群れを一飲みにする様子が

2回も見れたんだって~

 

そして なんとなんと

マイルカの100~150頭の群れが見れたんだって~~~

 

 

あ~残念!!

自然相手だもの、仕方ないよね。。。

 

 

 

 

残念な気持ちを港に残して車は出発!

 

 

 

てきとーに車を走らせながら言ったパパのこの一言に

すっかりご機嫌を直した私がいました~。

 

 

 

「のいち動物公園にでも行ってみようか?」

 

 

やった~!!

 

 


nice!(0)  コメント(10) 

9・ホェールウオッチングはいずこへ~~~ [四国旅行(2007年)]

8月24日 金曜日 四国旅行3日目


 


 


AM5:45 目覚ましと同時に目覚める。


耳を澄ますと何やら雨音が。。。


 


「雨の音がするぅ。。。  あ~ぁ、午前は中止だろうね。。。」


とパパに言い


 


はぁ~っ・・・夕べはザーザー音が聞こえるほど雨降ってたもんね。


今日も雨か。。。


これじゃあ午前のホェールウオッチングは中止だな。


午後から雨が上がれば大丈夫かも。。。


 


なんて思いながらベッドでウトウト。。。


 


しばらくして起き上がって外を見たパパが叫んだ!


 


「晴れてるじゃ! 誰? 雨降りって言うたんはっ!?」


 


「えぇーっ!?本当? だってなんか雨の音がしてたもん。。。」


 


 


と言いながらも飛び起きて猛スピードで支度!支度!!


 


なんでこうなるの?


さっきの雨音は何だったの???


 


キャンセル待ちとはいえ 


連絡があればすぐに出発できるようにしておかなくちゃいけないから


もうた~いへん!!


 


今日は海の上で4時間くらい粘ることになるだろうから


日焼け止めをしっかりして 長そでのTシャツ着て首に巻くタオル用意して・・・


水分補給のための飲み物も用意して・・・


 


カメラの準備はOK?


クーラーボックスに氷入れ替えた?


荷物全部詰めた?


忘れ物ない???


 


 


大慌てで出発準備してから朝食を摂りにフロアへ降りて行く。


 


朝食はバイキング


和食でも洋食でも好きなものが選べるようになってるけど


食えねぇよ~


 


あっ、訂正!


 


いただけないわ~


 


びっくりして飛び起きて猛スピードで支度して・・・


食欲なんてありましぇ~ん。。。


 


でも何も食べてないと船酔いするといけないから


ちょっとでも食べた方がいいよ・・と言われ 


パンとサラダとカリカリベーコンとふわふわスクランブルエッグと


コーヒーで軽く済ませた。


って、しっかり食べてたんじゃん!!


 


キャンセルが出れば7:10までには連絡があるはずなんだけど


残念ながらキャンセルはなかったようで連絡なし!


 


いいんだよ。みんな楽しんできてね~


私たちは午後からゆっくり楽しむから~


 


 


キャンセルなしでちょっぴり気落ちしながらも


午前の便が出てるんだから午後は絶対に行けるよね。


天気予報も波の高さは午前より午後のほうが穏やかだったもの。。。と


気を取り直し高知城に行ってみることに。


 


松山城に行けなかった分をここでリベンジじゃ~!!


 





ほ~らね!

高知城にはちゃんと行けたよ!




しかし暑い!!

何が嬉しくてこんな日に長そでTシャツ着てるんだ?

 

それはね、クジラちゃんやイルカくんに会うためなんだよ!

あと少しで会えるんだ!

我慢、我慢!!

 

ベンチで休もうと荷物を置くと突然ハトが集まってきた。

 

ははぁ~ん、ここでエサをもらってるんだね。

ちょっと待っててね。

どこかでエサ売ってるはずだから探して来るね。

 

ハトのエサを買ってベンチに座ると すぐに1羽が手にとまって来た。

続いて肩にとまったり ひざにのったり・・・

急に人気者になっちゃったよぉ~

 

しばらくハトおばさんと化してハトと戯れる。。。




 

しかし、心は既に土佐湾に~

妄想族の私はもう頭の中でクジラの潮吹きやイルカの群れが見えちゃってるよぉ。。

 

 

あ~落ち着かないっ!!

場所の確認もしておいたほうがいいし 港に行ってみない?

 

ということで早いけど出港場所の港に行ってみることにしました。

地図とにらめっこしながら・・・

 

 

 

あっそうそう、車の中から「はりまや橋」も見たよ。

ちょうど信号待ちしてる時に対向車が途切れたところでパチリ!

 

翼よ!あれが「はりまや橋」だ!!

なーんてね^^;

 

 




 

 

どれ?どれ?

あの、向こうに見える赤い橋・・・

あれ・・・か・・・

 

 

 

少し車を走らせていると何だか気分がすぐれないの。。。

あれぇ?車酔い?

まさか!

きっと驚いて飛び起きて朝食詰め込んだのがいけなかったんだと思うの。。。

これから土佐湾に駆り出そうというのに!!

 

備えあれば憂いなし!ということで通りがかりの薬局に寄って

乗り物酔い止めの薬を購入。

 

これで準備万端だぜぃ

あとは気持ちの持ちようサ!

クジラやイルカに会えれば気分も爽快~

 

酔い止め薬を握りしめ 港めがけて車を走らせていると携帯が鳴った。

 

 

悪夢はそこから始まった。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

 

 

「ええっ? 波の状態が悪く欠航?」

 

 

 

 

ひゃらら~ん  鼻から牛乳~

 

どころの驚きじゃないよっ!!

 

 

あぁっ・・・ この手の中にある酔い止め薬は何なんだーーーっ!

 

私たちはどこへ向かおうとしているのだーーーっ!

 

 

お先真っ暗。      思考回路破壊。。    走行続行不能。。。

 

 

 

Uターンしようとするパパを制して

 

「このままじゃ諦められないよ! 朝の便は出たんだよね?

ここまで来てるんだから出港するはずだった港くらいは見てみようよ」

 

 

すっかり気落ちしながらも港まで行ってみました。

 

いるいる。

他県ナンバーの車が駐車場にたくさんいます。

 

今頃、土佐湾沖でクジラやイルカを見てるのだろうか?

 

 

きっと私たち昨日の野生のシカに会えたことで運を使い果たしちゃったんだね。。。

 

 

誰もいない港で深いため息をつく二人でした。。。

 

 

それにしても 港はすごく穏やかな波。

本当に沖は状態が悪いの?

 

 

モヤモヤした気持ちのまま桂浜へ行ってみることにしました。。。

 

 

 

トホホホホ・・・・・・・・・・・・・・・・


nice!(0)  コメント(12) 

8・高知泊 [四国旅行(2007年)]

(8月23日)


 


 


ちょびんさん御夫婦と分かれて私たちは大豊ICから南国ICまで


残りのトンネルを抜けて高知入りしました。


 


川之江ICから大豊ICまでトンネルの数を数えていたのに忘れちまった~


大豊ICから南国ICまで 続きのトンネルの数数えてたのに


これまた忘れちまった~


ま、川之江ICから南国ICまでの約47.9kmの間には


19トンネルあるということで。。。


 


あっそうそう、大豊ICから高速を走っていてすごい偶然に遭遇しました。


 


私たちの前を走っているキャンピングカー、なんだか見覚えがあるんです。


なんと、それは吉野川で川下りをした時に駐車場で出会った


ダックスフント連れの大阪ナンバーの車だったんです。


 


そのキャンピングカーを見た時、ちょびんさんに


「私もいつかキャンピングカーでワンを連れて旅行するのが夢なんだ~」


と話したのでした。


 


即、携帯でちょびんさんに連絡


すごい偶然だね~と驚きを共感したのでした~


 


 


南国ICで降り、今夜宿泊するホテル「土佐御苑」へ向かいます。


が、案の定ぐるぐるぐるぐる。。。


 


すごーく詳しくホテル周辺の地図をとって来たのにぃ!


地図を見ながらパパに


「もうすぐ◯◯があるからそれを過ぎたら次の交差点を右折だよ」って言うのに


「本当?」なんて言いながら言う通りに行かないものだから


なかなかたどり着けずにまた元の場所まで戻ってやり直し


 


「もう!ちょっとどこかに止まって自分の目で地図を見てみんかいっ!!」


とキレ気味になって車を止めてもらい地図を渡しふと前を見上げると


「土佐御苑」って看板があるじゃぁあ~りませんか!


 


「あらま!パパ、もう着いてるよ。ここじゃん!!」と大笑い


 


 


車から荷物を降ろしていると雨が降りだしちゃったよ~。


あ~ん、そんなぁ~。。。


すぐに止むよね! 絶対に止んでよね!!


だって・・・だって・・・明日は超~楽しみにしている


 


 


 


 


 


 


 


ほぇ~るうおっちんぐ の日なんだも~ん!!


 


 


この日宿泊するホテルは今回の四国旅行で唯一の夕食&朝食付き!


 


部屋に荷物を運んでから早速夕食をいただきに行くことに。


 


食事処の入り口にこんな可愛いディスプレイがしてありました。








こんな夕食でした~   ってよく見えないか。。。






















 

これらのお料理が一品ずつ運ばれて来るんだけど 私たちはお酒を断ったので

「ではご飯をお持ちしましょうね~」

と一品持ってくるたびに言ってくださるのだけど

なかなかご飯は運ばれず結局お品書き通りに

最後に貝汁と漬物と一緒に運ばれてきたのでした~。

 

えっ!?

何故せっかくの料理なのにお酒を飲まなかったのか?って???

 

それは・・・ 明日・・・

 

 

 

 

 

 

ほぇーるうおっちんぐ に行くんだも~ん!

 

 

 

本当は23日にちょびんさんの旦那様がお休みの日に

一緒にホェールウオッチングに行きたかったんだけど

23日は午前も午後も予約がいっぱいで取れませんでした

 

ちょびんさんが「ほかの日に取れる日があれば2人で行って来て」

と言ってくれたので空いていた24日の午後に決定したのでした。

 

本当は午後からは風が出て中止になることが多いらしいのだけど

もうそれしかないんじゃ仕方ない。。。

運を信じることにしよう!!

 

でも前日から高知入りしているのなら24日の午前にキャンセルが出れば

当日朝7時に携帯に連絡をするので8時に現地に集合してください。

と言われているのです。

 

ホテルからホェールウオッチングに出かける港まで30分はかかるから

キャンセルが出たら朝から大忙しじゃん!!

 

お酒飲んで熟睡しちゃって朝寝坊なんて絶対あり得ない悪夢じゃ~。

 

だからお酒は飲めないのよ~~~

 

それもこれもみ~んな

 

 

 

 

 

 

ほぇーるうおっちんぐ のためじゃ~ん!

 

 

我慢するさぁ。。。じゅるっ。。。

 

 

こうして翌朝の早起きのためにお酒も飲まず早めに眠りについたのでした。。。

 

 

 

わ~い!

明日は夢にまで見た

 

 

 

 

 

 

 

ほぇーるうおっちんぐ の日だよ~ん

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(14) 

7・山の中の観光モノレール [四国旅行(2007年)]

(8月23日)


 


祖谷そばを食べて次に向かうは奥祖谷にある「いやしの温泉郷」。


 


大歩危からさらに山奥へ入って平家落人の里を超え


さらに山道を進んでいると道路迂回の案内がっ!


 


ちょびんさんの旦那様の道案内に頼り切って


私たちはただついて行くだけ~


 


きっとあんな狭い山道を対向車の心配をしたり


あまりにも狭い山道で「本当にこの道でいいのか?」と


さぞかし心配しながら走られたことでしょう。。。


 


やっと迂回路を抜け出てほっとしたところへまたもや道路のど真ん中に立て看板!


 


「道路工事中に付き全面通行止め」


 


ええ~っ!?


そんなバナナ。。。


 


愕然とする私たちの元へ


日焼けした汗びっしょりの工事関係者のお兄さんがやってきて


「すいません。通行止めです。」


 


そ、そんなぁ~。。。


じゃあなんで迂回路の入り口に


「この先工事中。何時から何時までの間は全面通行止め」


とかって案内だしておかないのかなぁ!


あんな狭い山道をはらはらしながらやっと抜け出てきたっていうのに・・・


 


このお兄さんに文句言ってもしょうがないのはわかっているけど


あまりに不親切でしょ!!


この工事してる会社のこと観光協会に言って訴えてやるぅ~!!


 


と息巻いていると ちょびんさんが


「さ~すが、そこまでは思いつかなかったわ


 


テヘヘ・・・


でも私たちの前に先にここへきておとなしく待っている車が1台。


私たちの後からも次々と車が来て結構な行列ができてきた。


他県ナンバーの車もいるし、私たちと同じ目的で


「いやしの温泉郷」へ向かっていたんだろうね。


 


列の後方へ並ぶ人は前の様子がわからず


こんな山奥で何の渋滞かと歩いて様子を見に来て


始めて工事のために全面通行止めと知る始末。


 


でも不思議なことに誰も怒る人はいないんだよね~


あ~にゃんてのどかなんだ~~~


 


通行できるようになるまでまだ小1時間あるけど


しょうがないじゃ~ん


待つさ!待てばいいんでしょ


 


私たちは車から降りて道路脇にあった滝を眺めたりして時間をつぶしぃの


おしゃべりしぃの・・・としていると


ひょんなことからゲーム「動物の森」の話に。


私は旅行中も森の管理をしなくちゃいけないからDS持参していたんだけど


その日、ちょびんさんも持ってきていたんだって~


でかしたぞ!ちょびんちゃん!!


 


じゃあこの機会に通信しましょ!と盛り上がる、盛り上がる。


お互い旦那はほっといてしばし森に熱中!!


 


でも始めた時間が工事終了の少し前だったから


森で遊んだのはちょっとだけだったけどね。


久しぶりに「てんつく村」に行って楽しかったよ~


 


通行止めが解禁になってたまっていた車がどっと通行をはじめて


当たり前のことだけど工事していた向こう側にも


同じように車がたまったいたんだよね~


 


そっちは日陰もなく車から降りれる場所もなくさぞかし大変だったことでしょう。


やっぱ山奥とは言え観光雑誌にも載っている観光地がこの先にあるんだから


もっと親切な道路情報出しておかなくちゃいけないよねー


 


そんなこんなでかなりの時間ロスを余儀なくされたけど


無事モノレール乗り場に到着~


 


モノレールに乗っている時間は約1時間10分。


乗車前に必ずトイレを済ませておいてください・・・と


御親切なお知らせが。。。


 


このモノレール、見た目はかぶとむし型でちゃっちいカンジだけど


なんと世界最長の4600m、高低差も世界一の590m、


最大傾斜度40度、最高標高1380mもあります


 


レールの傾斜に合わせて椅子も角度が変わるようになっているので


乗り心地も楽でした。


 


2人乗りになっているのでまずはちょびんさん御夫婦から。


「行ってらっしゃ~い


と言ったはいいけど前のモノレールと3分半間隔を空けるため


なかなか出発しましぇ~ん。。。


 


係りの人がとっても丁寧に時間をかけて注意事項を説明してくれます


旦那様が「見どころはどこかありますか?」と尋ねると


「運が良ければ野生のシカやカモシカに会えます。今日も何人か既にシカを見た


と言う人がいますよ」


 


キャ~ッ!!


野生のシカに会えるの?


見たい!見たい!!


 


ちょびんさん御夫婦を見送っていよいよ私たちの番!


待っている間に覚えてしまった注意事項をまた聞いて


やっと出発だ~~~!!


 





ゆっくり歩くくらいのスピードでゆっくりゆっくり山の中へ入って行きます。




かなりの急勾配もかぶとクンはものともせず頑張って登ります。

樹木に名前札が立ててあり 

美しい木立やきれいに咲いた山野草を眺めながらも

目は野生のシカを追い求めます。。。




所々にシカが食べたのか、角を研いだのか

シカの体高あたりの幹に皮を剝したような跡がある樹も見られます。

 

いるんだね、本当に野生のシカが。

会えますように。。。

 

そんな思いもよそにモノレールはどんどん山を登り続け

ついに最高標高1380mに達しました。




三峰、剣山、寒峰の景色を眺めながら(どれがどれだかわからんが・・・

モノレールは山を下り始めます。

カブトムシ号、屋根が邪魔だよっ!!




帰り道・・・

「登って来る時に見た湿地帯あたりを過ぎたら

もうシカに会えるチャンスは薄いね。。。」

 

「シカに会えないかな~シカに会いたいよぉ~」

と祈るように周囲を見渡していると・・・

 

 

 

「あーーーーーっ!

パパ、あそこにいるよっ!!

 

ほら!シカ、シカ、シカよっ!

 

写真撮って!!

早く!!ちゃんと撮ってよ!!

 

大丈夫?撮ってる???」

 

と静かに叫びながら(難しい。。。)

自分だけ肉眼に野生のシカの姿を焼きつける私なのでした~

 

 

やった~!

会えたね~野生のシンバに!!

 

ちょびんさんたちもきっと見てるよね。

良かったね~。

 

 

ではでは 頑張って撮ったパパの撮影した野生のシカ

とくとご覧あそばせ~




ほら、いるでしょ、そこに。




「う~ん、木立が邪魔してピントが合わない。。。」

 

そんな~頑張って!!

 




う~ん・・・

ちょっと惜しいね~。。。

 

これがパパのカメラは宝の持ち腐れと言われる由縁かっ!?

 

 

動くモノレールと動くシカ、おまけにカメラ前を木立が通り過ぎるんじゃ

仕方ないか。。。

 

 

野生のシカに出会えた興奮も冷めやらぬまま

モノレールはすごい傾斜を下りながら下山していきます。




こうして自然の涼しい風と森林浴で身も心もリフレッシュした

1時間ちょっとのモノレールの旅は終了したのでした。

 

 

ちょびんさん御夫婦は野生のシカの姿をはっきりと確認できなかったんだって。

う~ん、残念!!

 

 

いやしの温泉郷を出て 今日はちょびんさん御夫婦とは大豊ICでお別れです

今晩私たちは高知泊の予定なのです。

 

何故って?

それは明日とーっても楽しみにしていることがあるんだ~

ウシシ・・・

 

 

ちょびんさん、明日の夜までしばしのお別れだね。

今日も楽しい1日をありがとう!!


nice!(0)  コメント(14) 

6・かずら橋&祖谷そば [四国旅行(2007年)]

(8月23日)


 


川下りを楽しんだ私たちはつぎの目的地「かずら橋」へ向けて出発。


 


ところで何でこのあたりは大歩危(おおぼけ)小歩危(こぼけ)


って言うのでしょう?


それはこのあたりの渓谷が大股で歩いても小股で歩いても


危険なところからついたそうな。。。ふぅ~ん、なるほどぉ。。。


 


などと言っているうちに着きましたよ~。


 


あれが重要有形民俗文化財「祖谷のかずら橋」だーーーっ!!





吉野川の支流、祖谷川は四国の霊峰「剣山」に源を発する清流だとか。

(「剣山」とは源平の戦いで平家一門と西国に落ち、壇ノ浦で入水した

安徳天皇の剣を山中に隠したという伝説の山。)

 

昔は両岸の往来に困難をきたしていたけれど

長年にわたる住民の努力と工夫により作り出されたのがこのかずら橋。

 

伝説によると弘法大師が当地を巡行した際に創設したという説や

平家の落人が追手を逃れるため切り落としやすい橋を架けた

という説もあるそうだけど定かではないみたいです。

 

 

さぁ、説明はこれくらいにして かずら橋を渡るどーーーっ

あっ、その前に通行料を払ってネ!

 







最初は何にも摑まらずに渡ろう!なんて言っていたんだけど

この橋結構揺れるんだよね~~~

 

面白がってわざと揺らすとちょびんさんが「キャーッ!こわ~い」

 

振り向くとマジで怖がる半ベソ顔のちょびんさんがっ!!

 

あはっ!わりぃ、わりぃ。。。

もうしないから、ゆっくり渡ろうね~。




かずら橋の近くに落差50mほどの滝があります。

「琵琶の滝」っていうんだって。

 

平家の落人たちが都の華やかな暮らしを偲んで琵琶を奏で

慰めあったところと伝えられているそうです。

 

緑に囲まれた絶壁を白糸のように流れる滝はマイナスイオンがいっぱいで

さぞかし落人たちも癒されたことでしょう。。。




生き生きとした緑を眺めながら歩いていると

シュウカイドウの花が咲いているのを発見。

 

この花、何かに似てるでしょう?

そそっ、ベコニア!

シュウカイドウはベコニアの仲間なんです。




 

私はもしも四国に来ることができたら絶対に行きたいと思っていた場所が

このかずら橋の近くにあるのです。

 

それは・・・ここ!




 

祖谷名物「祖谷そば」を食べさせてくれる「いこい食堂」

 

「祖谷そば」ならほかにも食べられるところはいろいろあるんだけど

ここにこだわるワケがあるのです。

 

それは何年前だったか お友達の角ピーさん一家が四国へ家族旅行をした際

かずら橋のそばにある食堂で名物の祖谷そばを食べていたら

野生のヤマガラが飛んで来て 手に乗ってエサを食べた・・・

ってブログに書かれていたのです。

 

えーっ!?本当?

野鳥が手からエサを食べるなんてすごい!!

私もそこに行ってそのヤマガラを手に乗せたーい!!

 

いつか四国に行くことがあれば絶対にその食堂を見つけて

そのヤマガラに会うんだ!!

と心に決めていたのでした。

 

 

いろいろ調べたらかずら橋のそばには「いこい食堂」っていうのしかないみたい。

でも出発前、間違っていたら・・・と心配になり

いこい食道に電話して確認してみました。

 

すると・・・

もうそのヤマガラは来ていないそうな。。。

ショック!!

 

でもでも、その食堂に間違いはなかったんだ!

もしかして もしかして奇跡が起きて飛んで来てくれるかも!

やっぱり行ってみよう!!

 

そしてついにその時が来たのです。

 

かずら橋そばの「いこい食堂はすぐに見つかりました。

名物の祖谷そばも食べてみたいし入ってみよう!!

 

まずはみんなで祖谷そば、あめごの塩焼き、あゆの塩焼きを注文。

 

出来上がってくるまでに店内を見回すと何やら壁に写真が貼ってある。

もしやヤマガラ情報?

いえいえ、有名人がこの店に来た時の写真です。

 

窓ガラスには 「ここは開けないでください」と張り紙がしてあります。

野鳥が飛びこんで来るのか???

 

そんな気配は・・・ないない。。。

 

そのうちに注文したそばや焼き魚が出来上がって来ました。

わ~美味しそう~。。。

 

これが名物「祖谷そば」




 

こちらが あめごとあゆの塩焼き。




祖谷そばはさっぱりとしたしょうゆ出汁で美味しい~

でも 麺が切れやすくて食べてるうちにどんぶりの中の麺が

どんどん短くなってしまったよ~

 

あめごの塩焼きはちょびんさんの旦那様が注文。

美味しい!って言って食べてたよー

 

私たちは鮎の塩焼きにしたんだけど

いい感じに塩がしてあって皮はパリパリ 身はホクホクで

とっても美味しかったでーす

 

帰り際にお店の人にヤマガラのことを聞いてみると

何年か前に1羽だけ何故か店の中にまで入ってきて

手に乗ったり肩に止まったりしていたんだって。

 

食べ物を扱うから衛生面のこともあり当時はかなり気を配ったそう。

でもどこからかちょっとした隙間を見つけて入ってきていたらしい。

 

ほかにもヤマガラはたくさんいたけど

店内に入ってくるのはその1羽だけ。

 

お店の人もとても不思議だったけどいつからか来なくなってしまったのだとか。

 

 

 

そうだったの。。。

残念だけど元々野鳥だものね。

世代が代わってしまったんだろうね。。。

 

こうして長年温めてきた手乗りヤマガラのとの出会いは

幕を閉じたのでした

 

う~ん 残念!!

 

 

名物を食べてお腹を満たした私たちが次に向かうのはさらに山の奥。

緑の中をのんびり進む観光モノレールに乗るぞー!!

 


nice!(0)  コメント(14) 

5・吉野川で川下り [四国旅行(2007年)]

8月23日 木曜日  四国旅行2日目


 


AM8:30 ホテルでちょびんさん御夫婦と待ち合わせ。


寝坊することなくスタンバイ


 


この日はちょびんさんの旦那様がお休みをとれたので


祖谷渓方面へWデートの計画を立てていたのでした。


 


まずは吉野川での川下りやかずら橋を渉るために


大歩危(おおぼけ)へ向けて出発


 


前日は松山市内で迷子になって大変だったけど


今日はちょびんさんの旦那様が先頭を走って案内してくださるので


安心して景色をながめていられるわ~ホッ


 


松山自動車道を走り川之江JCTで高知自動車道に乗り換える。


 


わー!なに?ここ!!


すごーい!!


 


川之江JCTの立体道路にびっくり!!


いつも中国自動車道と山陽自動車道のすんなりとしたJCTしか見たことないので


こんなJCTもあるのかとパパと驚きの声をあげたのでした。


 


この時はJCTの写真が撮れなかったけど後日逆方向から帰って来る日に


撮れたのでお楽しみに。


(今は投稿写真の枚数限度で載せられないんだ~)


 


高知自動車道は山を切り開いて作っているのでトンネルが多いんだって。


川之江~南国ICまで約47.9km、その間になんと19ものトンネルがあるそうな


 


大歩危方面へ行くために大豊ICで降りて川下りのできる遊覧船の出ている


レストラン「まんなか」を目指してGO!


 


レストランは道沿いのわかりやすい所にありました。


すごい断崖絶壁に建つレストランです!!





このあたりではこんなふうに断崖絶壁に柱を建てて建物が建っている光景を

多く見ました。

電気が点いているレストラン下は駐車場になっています。

 

チケットを買って遊覧船乗り場まで歩いて行きます・・・が

 

わぉ~!

あんな所まで下りて行くんですかぃ?

 




さぁ、それでは激流が刻んだ造形美が続く吉野川を一緒に下って行きましょう!!

 

 




四国山地を横切る吉野川の激流に結晶片岩が削られてできた峡谷。

2億年もの時を経て自然が造り出した景観の迫力が8kmも続きます。

 

ガイドのおじさんの話を聞きながら船は進みます。

 

あっ!!ここにもライオン岩がっ!!




わかる?右向きのライオンの顔が。。。

 

 

 

「暴れ川」とも言われる吉野川、今は穏やかな流れを見せているけど

台風で氾濫した時にはこの写真の排水用ドラム官のところまで水位が上がったというから驚き!!

レストランのあの駐車場まで水浸しになったそう。。。




川幅の広くなっているところで船はUターンして戻ります。

向こうにラフティングを楽しむ人たちが見えます。




今回、のんびり遊覧船もいいけどラフティングもしてみたい!!

な~んて思ったんだけどあまりにもアドベンチャーだもんねー

 

もしラフティングにしていたらちょびんさんの半泣きが見れたかもかもぉ~

イヒヒ・・・

 

 

途中、同型の遊覧船とすれ違い。

ここでは手を振り合ってバイバイできたよ~




こんなところを鉄道が走っています。

ちょうど列車が通過していれば絵になったのにな~




滔々と流れる吉野川。

楽しいひと時をありがとう。




出発地点のレストランが見えてきました。

約30分の船旅はこれで終了でーす。










 

 

(画像容量がオーバーで突然ちっこい写真になっちゃいましたー

 

 

次は恐怖の「かずら橋」だーーー


nice!(0)  コメント(8) 

4・感動の再会! [四国旅行(2007年)]

(8月22日)


 


とべ動物園を満喫した後は 一路ちょびんさんの住む街へ


1日目のホテルはちょびんさんのお宅の近くにとって


旦那様も一緒に夕飯をとる予定になっています。


 


ホテルに到着!


すぐにちょびんさんに連絡してチェックイン。


でもビジネスホテルだから自分で荷物運ばなくちゃいけないんだよねー


厳しーい^^;


駐車場も立体式だから1回で運びきれなかった荷物を車に取りに行くたびに


駐車場のおじさんにお願いして車を降ろしてもらうのが気が引けて・・・


でもとっても親切でフレンドリーなおじさんですっかり仲良しになっちゃいました


 


この日はホテルも混んでいたようでロビーもバタバタ。


そのせいかお部屋は二人で予約していたのにスリッパやタオルが


一人分しか用意されてないの。。。


フロントに電話するとすぐに謝って持って来てもらえたけどね


 


そんなこんなでバタバタやってるともう約束の時間じゃん


何年かぶりの再会だっていうのにちょっとはきれいにして会いたかったのに・・・


 


ちょびんさんに連絡すると「実はもうロビーに来ています」だってー!!


慌てて降りて行く二人。。。


エレベーターの扉が開くとそこには懐かしいちょびんさんがいました


 


わ~本当に会えたんだ!


夢じゃないよね?


 


ひしひしと感動が押し寄せて来る・・・


やばい!


と思ったとたんちょびんさんもウルウル始めちゃうものだから


目から汗が溢れそうになっちゃったよ~。。。


 


厚かましく近くにホテルをとって押しかけて行ったのに


こんなに喜んでもらえるなんて・・・


 


この時、パパがどうしていたのか私にはさっぱり記憶がない!!


完全にちょびんさんと二人の世界に入り込んでいた模様。。。


 


ちょびんさんの旦那様が仕事で帰りが遅くなるそうなので


パパとちょびんさんのお宅で帰りを待つことにしました。


ちょびんさんの運転する車で新築のマンションへ~


 


わ~外観もステキなマンションです。


マンション住まいをしたことのない私はドラマで見るような作りにうっとり。


 


玄関には・・・


いたいた!ブログで見たことのあるプルートの置物が!


お部屋もステキ~。


きれいに掃除が行き届いていてさすがだワン^^


キッチンは憧れの対面式のカウンター付き。


あ、ここでパソコンやってるんだね~


・・・と舐めまわすようにお部屋をチェックして(こらこらっ!!)


 


そして寝ているつくしちゃんを起こしてご対面~


きゃわい~~~っ!!


はぁ~っ。。。抱っこさせてぇ~~~


と自由に遊びたがるつくしちゃんを拉致しては逃げられ


拉致しては逃げられ・・・


 


いたずらをしながら部屋で遊ぶつくしちゃんを見ていると


我が家にもクックとミュウがこんなふうにしていた時代があったんだよな~


とすごく懐かしかった~。。。


 


「こがねにも会ってほしかった・・・」と


ぽつりと言ったちょびんさんの言葉が胸にしみて何も言えなかったよ。。。


 


つくしちゃんを抱っこして一緒に写真を撮って


ちょびんさんとも2ショット・・・いやいや3ショットで撮れて満足~


 


つくしちゃんと戯れていると旦那様が帰って来られて


はじめましての挨拶会


 


それから一緒に食事に行くことにしていたんだけど


この日行く予定のちょびんさんお勧めのお店はちと遠いらしい。


ということで急遽私たちが宿泊するホテルにある「トマオニ」へ行くことに。


 


「トマオニ」も以前ちょびんさんがブログに載せていたお店だし


私の住むところにはないお店なので行ってみたかったんだ~


 


 


各々が好きな物を注文して明日一緒に行くところの話で盛り上がっていると


美味しそうな料理が運ばれてきましたー


いつもならここで私が「待った!」をかけて写真を撮るところなんだけど


さすがに旦那様とは初対面だしお腹はペコペコだし


ま、いっか~ ということで写真はありましぇ~ん


 


うちはいつもパパと違うものを注文して分けっこして両方を味わうという


お行儀の悪いことしちゃうんだけど やっぱここでもやっちゃいました~


 


ちょびんさんも食べきれないからと旦那様のお皿へ移したりしてて


よかった~同じようなことするんだ~とホッ


 


お腹いっぱいになって明日の予定も決めて


あとは明日の朝私たちが寝坊さえしなければOKだね!


それが一番心配だよぉ~


なんせ過去に観光バスが我が家の玄関先にお迎えに来たことがある


くらいだからね。


明日の朝、目覚めたらちょびんさんが枕元に立っていた~


なんてことにならないように


フロントにモーニングコールをお願いしておきましたー


 


ちょびんさん御夫婦を見送って明日の観光に期待をふくらませつつ


ぐっすり眠りにつきました。。。


nice!(0)  コメント(10) 

3・とべ動物園 2 [四国旅行(2007年)]

(8月22日)


 


この日もと~っても暑い日で とべ動物園の動物たちも


屋内に避難している動物がいっぱい


 


そんな動物たちの中でとっても面白いシーンを見せてくれた動物がいます。


 


それは トラ


 


屋内ケージの中で飼育員さんがホースで水をかけてあげると


猫なで声?でウォ~ウォ~と甘えてケージに身体をこすりつけたり


飼育員さんを優しい目で見て何か言っているようなんです。


 


飼育員さんがホースの水をはずすと


今度は文句を言っているような声を出してみたり。。。


 


トラってほんとに水が好きなんですね~。


 


あんな優しいトラのまなざしを始めて見ました。











 

こちらはツートンの衣裳が印象的な マレーバク




ヒョウ  かっこいいでヒョウ?




ペンギンは元気に気持ち良さそうにス~ィスィ泳いでいました~







オットセイも水の中~~~




飛んでるところは見れなかったけど・・・オニオオハシ




オオサイチョウ・・・バナナくっつけてない?




スローロリスのハリーくんと握手したかったけど

握手できるのは月1回の握手会の時だけ。。。

残念!!

 

夜行性のため暗い部屋にいたので写真は撮れなかったけど

歩きまわる姿は見ることができました。

動きが小さいナマケモノみたいで可愛かった~

 

 

炎天下で閉園時間まで粘ってとべ動物園を満喫してきましたー

 

さぁ、これからちょびんさんの住む街まで高速を飛ばしていくどーっ!!

 

ホテルに着いたら連絡していよいよ感動の再会です。

待っててね、ちょびんさん。

多分、迷わずたどりつけると思うから。。。多分。。。


nice!(0)  コメント(12) 

2・とべ動物園 1(白くまピース) [四国旅行(2007年)]

(8月22日)


 


松山、三津浜港を降りた私たちは予定通りとべ動物園へ行くことに。


 


しかーし、フェリーを降りた途端「ここはどこ?私は誰?」状態に。。。


とにかくみんなが行く方向へ行ってみよう・・・


と車を走らせているとペットショップの看板発見


 


即、予定外の寄り道~


駐車場に車を入れてペットショップに行ってみれば


本日定休日・・・・ なんでやねん


 


フェリーの過酷な冷房で冷え切った体を温めるため


うどんを食べて仕切り直し


 


再び車を走らせているとパパが急に


「松山城へ行ってみようか?」と言いだした。


 


ま、先にとべ動物園に行くともう松山市内を走る予定はないので


「じゃあ行こうか、ローープーウェイにも乗りたいし」と


またまた予定外の動きをしちゃったよ。。。


 


でも松山城周辺の詳しい地図をとっていなかったので


行き当たりばったりでウロウロ。。。


ロープーウェイ乗り場の駐車場がわからずお堀の周りをぐるぐるぐるぐる


 


あのぉ~、松山城・・やめません?


ロープーウェイならまたどこかで乗れるかもしれないし


そろそろ動物園に行こうぜ


と諦めも早い私たちです


 


案の定、ちょこちょこと迷子になりながらもなんとかとべ動物園に到着.。


 


もうお昼過ぎたねー。


あんなに朝早くから家を出て8:10出航のフェリーに乗ったけど


もうひとつ遅い便で来てもよかったかもね~あはは・・・


 


 


念願のとべ動物園に来たらまずは白くまピースに会わなくちゃ


 


うふふ・・・


会いたかったよ生ピース


 


大きくなったねー


 


ではではみなさんも成長したピースくんをじっくりとご覧あそばせませませ。








 

 




 

 




 







 

 





nice!(0)  コメント(20) 

1・柳井港~三津浜港(松山)へ [四国旅行(2007年)]

8月22日 水曜日  四国旅行1日目


 


AM8:10柳井港を出航のフェリーに乗り


待ちに待った四国旅行の始まり始まり~


 


パパと二人で旅行なんて何年振りだろ?


 


今回の旅は全て私が企画し予定を組んだものです。


四国の観光雑誌や地図とにらめっこしながら立てた行程だけど


予定通り行くのだろうか。。。


 


ま、この旅の第一の目的はちょびんさんに会うことだから


それだけでも果たせれば90%は満足なんだけどネ


 


あとの四国へ行ったら絶対に行きたいところ・・・会いたいものに会えれば


言うことナシで100%満足なんだけど。。。


 


どーなることやら~~~


 


 





多少の不安を抱えながら方向オンチ夫婦の旅は始まったのでした~

 

 

フェリーは順調に進み大島大橋が見えてきました。

左が本州(柳井市) 右がみかんの島、周防大島です




大島大橋下を通過いたしま~す




周防大島を横目に見ながら大島沖を航行中。




それにしても客室内は冷房効かせすぎ~~~

寒くて寒くてじっとしてられないほど。

 

暖を求めてデッキに出れば風にあおられセットが乱れるしぃ。。。

(アデランスは飛ばなかったよー

気を紛らわせようとDSを出して動物の森なんかに行っちゃったりしてぇ~

 

途中、同型フェリーとすれ違い 手を振りたくても誰もデッキにいないじゃん!




2時間30分の船の旅も終りに近づき 松山の三津浜港が見えてきました。




突然、携帯のしょぼい写真ですみません

そそっ、携帯から初投稿したあの画像です

記事なしの失敗だったけどぉ。。。

 

 

「三津浜港が見えてきたから写真撮っておいてね~」とパパを見てみれば

もうカメラを片付けて車に乗り込む準備万端

 

わ~ん待ってぇ~

DSと携帯をわしづかみにパパを追いかけるのでした~


nice!(0)  コメント(12) 

かづら橋 [四国旅行(2007年)]

あはっ! せっかちな画像が先に行っちゃいましたー笑
恐怖のかづら橋をインディージョーンズ気分で渡ったどーーーっ!!

ちょびんさんが半泣き状態だったことはヒ・ミ・ツ☆





nice!(0)  コメント(7) 

ちょびんさんといっしょ♪ [四国旅行(2007年)]

おはようございま〜す☆ 昨日はちょびんさんと感動の再会をすることができ、旦那様とも一緒に夕飯をとることができとても楽しい夜になりました。 そして今日はちょびんさんご夫婦とWデートでーす! ただ今、祖谷渓に向けて高速を飛ばしてます。なんとこの道、高知まで19ものトンネルがあるんだって!

いよいよ第一の目的地大歩危(おおぼけ)に向けて山道に入りました。 えっ!?私にぴったりの場所だって言ったのは誰?笑 ではでは、今日も楽しんできまーす♪♪


nice!(0)  コメント(7) 

松山だー! [四国旅行(2007年)]

もうすぐ松山に到着します! これから砥部動物園に行ってきまーす♪


nice!(0)  コメント(6) 

タイトルなし [四国旅行(2007年)]

只今フェリーにて移動中。 客室内が異常に冷やされて超寒〜い。。。 デッキに出ればアデランスが飛ぶほどの風がっ!! 仕方なく少しでもクーラーの風が当たらない場所を求めてうろついていると、こんな貼り紙発見! 「毛布貸し出します。1枚百円」 ………どんだけ〜!!



nice!(0)  コメント(5) 

ミステリツアーに出発しまーす! [四国旅行(2007年)]

いよいよ明日です!!


 


パパさんの夏休みを利用してのミステリツアー


 


早朝に出発して帰りは25日夜の予定です。


 


こんなに長い間ワンたちと離れるのは初めてです。


 


パパさんが福岡に単身赴任中に2晩福岡に行ったことがありますが


 


その時は長女が留守番をしてワンの世話をしてくれました。


 


私がいない間中 シンバはリビングと玄関の間のドアの前から離れないで


 


ご飯も食べずにふてくされていたとか。。。


 


 


もう今回は大丈夫だよね?


 


長い時間お留守番もできるようになったし


 


昼間はお姉ちゃんたちはお仕事でいないけど


 


仕事が終わったらまっすぐ家に帰ってよ!と


 


つよ~く言ってあるからね


 


 


ふふふ・・・


 


楽しみ~


 


ワクワクドキドキです~~~


 


 


初挑戦で携帯からブログ投稿なんてしちゃうかもです。。。


 


できるのか?????????


 


 


このミステリーツアーの行先、ど~こだ


 


わっかるかな~?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


nice!(0)  コメント(10) 
四国旅行(2007年) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。