So-net無料ブログ作成
検索選択

『風 ひとり旅コンサート』 [気まぐれ日記]

 

01月29日(土曜日)

楽しみにしていた伊勢正三さんの『風 ひとり旅コンサート

に行ってきました

開場15分前くらいに行くと長い行列ができていましたが

予想通り皆さん年配の方ばかり。。。失礼!

もちろん私もその一人です[あせあせ(飛び散る汗)]

きっとみんな若かりし頃 正ヤンの歌詞に心震わせ

メロディーを口ずさみギターを弾いた思い出でいっぱいなのでしょう。。。

 

コンサートが始まるまでの30分間

私の脳は20歳の頃をタイムトラベル

あ~んなことやこ~んなことが走馬灯のようにグルグルグルグル。。。

 

スクリーンに懐かしい風のアルバムジャケットが映し出され

静かにコンサートが始まり

ステージに立つ正ヤンは昔のイメージのまま

ま、昔から老けて見えた分 今トクをしてる? ナーンテゴメン[あせあせ(飛び散る汗)]

風のファーストアルバム、セカンドアルバムの曲が次々と歌われ

そのたびにマーチンのギターを取り換え引き換え・・・

ギターテクニックは流石[exclamation×2]

サポートギターの方も昔からのファンの方だったのか

全てコピーできていたというだけあって

久保ヤンの分まで完璧にバッチリサポート[手(グー)]

ただ残念だったのは最初の何曲かは

声が出ず音程が届かなくて別の曲に聴こえるほど。。。

心配で心配で安心して思い出に浸れなかったこと[たらーっ(汗)]

後半は声も出るようになって会場と一体になって一安心[黒ハート]

今年還暦ということだけど年だけのせいじゃなく

前日に飲みすぎた?感ありあり[ふらふら]

子供のころからの馴染みの土地に来て

きっといい気分で一夜を過ごしちゃったんだろうな~

それはそれで嬉しいけどネ[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

 

大好きな「星空」「海岸通り」「22歳の別れ」「冬京」「なごり雪」

「あの唄はもう歌わないのですか」「暦の上では」「君と歩いた青春」・・・等々も聴けて

アンコールで「ささやかなこの人生」「お前だけが」の時には

堪え切れず涙が溢れてしまったよ。。。

本当ならここで終わるのだろうけど

正ヤンも会場の私たちの気持ちと同じだったのか

もう一度だけ一人だけで出てきてアンコールに答えてくれ

とても素敵な歌と思い出を残してくれたのです

こんなことは滅多にないことでしょうね

ありがとう正ヤン。。。

今度は元気になった久保ヤンと『風 ふたり旅』で

またこの地に来て歌とギターを披露してくださいね

 

素敵な時間を本当にありがとう。。。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。